ヘルメットの取扱い説明書

ヘルメットの使用上の注意

保護帽は、法律(労働安全衛生法)で定める危険な作業場所や、これに準ずる場所や作業で頭部を保護するために使用するものです。保護帽は、厚生労働省の規格「保護帽の規格」に適合するもので、型式検定合格品には【労・検】ラベルが貼付けされています。

【労・検】のラベルに記載されている「飛来・落下物用」とは、上方からの物体の飛来又は落下による危険を防止又は、軽減する為のものです。「墜落時保護用」とは、倉庫に積まれた荷の上、車両の上方や、足場あるいは安全帯が使用できない場所からの墜落による危険を防止もしくは軽減するためのものであって、建築物や電柱等のような高所からの墜落による危険までも防止できるものではありません。

「電気用」とは、使用電圧7,000V以下で、頭部感電による危険を防止するためのものです。

厚生労働省の「保護帽の規格」は、頭部の安全を確保するための最低限度の基準を定めたものであって、自ら保護性能には限界があります。したがって【労・検】のラベルは絶対的に安全性を保障するものではありません。使用にあたっては最大限の注意を払い、常に安全な作業ができるように、この取扱説明書に従って使用してください。

保護帽は厚生労働省の規格「保護帽の規格に適合するもの」でなければ使用する事ができません。型式検定合格品には【労・検】ラベルが貼付されています。

警告

この取扱説明書の内容どおり正しく守らないと、身体に重大な傷害を及ぼすことを意味します。

  1. 1【労・検】ラベルが貼り付けられていない保護帽は使用してはなりません。

  2. 2【労・検】ラベルを確かめて、作業に合った種類の保護帽を使用してください。

  3. 3一度でも大きな衝撃を受けたら、外観に異常が無くても使用しないで下さい。(衝撃を受けた保護帽は性能が低下しているので、次に衝撃を受けたとき頭部を十分に保護する事ができません)

  4. 4あごひもは必ず正しく締めて着用してください。(事故の時、保護帽が脱げて頭部に重大な傷害を受けます)

  5. 5保護帽を改造あるいは加工したり、部品を取り除かないで下さい。(保護帽は、各部品の全体のバランスで性能を発揮できるように設計されています。改造したり部品を取り除くと頭部が保護できなくなります)

注意

この取扱説明書の内容どおり正しく守らないと、身体に傷害を及ぼすことを意味します。

  1. 1ヘッドバンドの調整が悪いと、使用中ぐらついたり脱げやすく保護性能を十分に発揮することができません。

  2. 2メーカー指定以外の部品、付属品を取り付けないで下さい。(機能が低下したり、性能が損なわれます)部品、付属品を取り付けるときは、部品、付属品の取り扱い説明書に従って取り付けてください。

  3. 3修繕をしないで下さい。

  4. 4炉前、乾燥炉前、投光器のすぐ後ろ等のような高温な場所での長時間作業はしないで下さい。(材質が変質し、変色や変形をしたり、性能が低下します)

  5. 5夏期の自動車内や暖房器の近く等のような高温な場所や、直射日光に当たる場所に長期保管しないで下さい。(材質が変質、変色や変形を起こし性能が低下します)

  6. 6メーカー指定以外の塗料を用いて塗装をしないで下さい。(帽体及び衝撃吸収ライナーの材質が侵され、性能が低下します)

  7. 7保護帽に物を入れて運んだり、腰掛けたりしないで下さい。(変形し又は着装体、衝撃吸収ライナー、帽体等を傷つけ性能が低下します)

  8. 8メーカー指定外のラベル、ステッカー類等の貼付けをしないで下さい。(薬品、粘着剤等によって帽体が侵されます)

  9. 9帽体の汚れは中性洗剤で湿らした布でふき取り、清水ですすいだ布で清拭して下さい。(ベンジンやシンナー等の有機溶剤の使用は、帽体の破損、クラック、表面の溶け、シール剥がれ等を起こし、また衝撃吸収ライナーの材質を傷めます)

  10. 10着装体、あごひもが汚れたときは、交換してください。完全に元とおりに組み立ててください。

  11. 11交換のために部品を取り外したときは、部品類を紛失しないよう注意して下さい。部品類が紛失したときに他の部品で代替えしたり、部品不足のまま使用してはなりません。(性能が損なわれます)

保護帽の交換時期及び内装の交換時期について

保護帽は使用することによって性能が低下します。衝撃・傷・汚れ・熱・光・薬品などは劣化を促進します。劣化の兆候が認められるものは早期に交換してください。日光・溶剤・薬品類などのガスに曝露されたものは短期間で劣化します。

使用期限が長い保護帽は使用しないで下さい。特に帽滞材質を確かめて、PC、PP、PE、ABS等の熱可塑性樹脂製(ねつかそせいじゅしせい)の保護帽は、正常に使って異常が認められなくても3年間程度までが限度です。FRP製等の熱硬化性樹脂製の保護帽でも5年間程度までが限度です。交換してください。

保護帽を「保護帽の20のチェックポイント」によって点検し、異常が認められるものは直ちに交換してください。

保護帽は、使用することにより性能が低下します。保護帽は、過酷な条件下において使用されるために、見た目以上に劣化が進んでいることがあります。性能が低下している保護帽は、緊急の危険に際して保護性能を発揮する事ができません。

内装の交換時期

着装体は1年くらいで交換してください。構成されている部品に劣化または異常が認められた場合には直ちに交換してください。

保護帽の規格<衝撃吸収性能(厚生労働省保護帽の規格による)>

飛来物落下用:高温処理・低温処理・浸せき処理など一定の条件下で保護帽を人頭模型に装着しその後5kgの半球型ストライカを1mの高さから保護帽の頂部に自由落下させ、この時の人頭模型に伝わる衝撃荷重が4.90kN(キロニュートン)以下であること。

墜落時保護用:高温処理・低温処理・浸せき処理など一定の条件下で保護帽を人頭模型に衝撃点が前頭部および後頭部になるよう装着しその後5kgの平面ストライカを1mの高さから保護帽の前頭部及び後頭部に自由落下させ、この時の人頭模型に伝わる衝撃荷重が9.81kN(キロニュートン)以下であること。

高温処理条件:48度以上52度以下の条件下で2時間放置。その直後に5kgのストライカを自由落下させます。

低温処理条件:-12度以上-8度以下の条件下で2時間放置。その直後に5kgのストライカを自由落下させます。

浸せき処理条件:20度以上30度以下の水中に4時間浸せき。その直後に5kgのストライカを自由落下させます。

保護帽の規格<耐貫通性能(厚生労働省保護帽規格による)>

飛来落下物用:保護帽を人頭模型に装着し、重さ3kgの円すい形ストライカを1mの高さから保護帽の頂部に自由落下させ、この時ストライカの先端が人頭模型に接触しないものとする。

墜落時保護用:帽体のみを試験用ジグの頂部リングにかぶせ、落下点が帽体の前頭部、後頭部及び両側頭部になるように合わせ、重さ1.8kgの円すい形ストライカを0.6mの高さから自由落下させ、試験用ジグの頂部リングの上端から帽体内部のくぼみの最下降点(円すい型ストライカの先端が帽体を貫通した場合円すい形ストライカの先端)までの垂直距離が15mm以下であること。

保護帽の規格<耐電圧性能(厚生労働省絶縁用保護具規格による)>

電圧が3,500ボルトを超え7,000ボルト以下である電路について用いる時は20,000Vの電圧をかけ1分間耐える事。(人頭模型はそれぞれの試験に合ったものを使用します)